概要

Cooler Masterは2つの生産拠点(恵州市と崑山市)と5つの生産工場を擁しています。崑山市の工場では、主に自動車およびラップトップサプライチェーンを利用するための熱交換器とラップトップ冷却モジュールを組み立てています。主な生産拠点は恵州市にある4つの工場(パッシブ冷却部品とモジュール工場、アクティブ冷却モジュールとシステム工場、超精密加工工場、システム組み立て工場)から構成されます。各工場は、品質保証、調達、研究開発、管理、ロジスティクスチームからなる完全に機能する会社のように動作します。

Cooler Masterは企業文化に深く根ざした企業理念である継続的な改善として、2005年からリーン製造を導入しています。当社は内部失敗コスト(IFC)の削減、リードタイム最小化、在庫の削減、スペース使用の最適化、利用の最適化の5つの主要分野を対象として、年ごとに明確な目標を設定し、定期的な社内レビューを通じて目標を厳守しています。2017年以降、当社は自動化、インテリジェントな監視と制御、ビッグデータ構築、分析能力によるスマート製造への完全な変換のための3年間のインダストリー4.0プログラムを開始しました。

自動化

技術プロセスと産業要件の複雑化に伴い、品質、生産性、歩留まりの工場のために、Cooler Masterは徐々に主要プロセスに自動化を採用してきました。さらに自動化は顧客からの注文と製品の納品までのリードタイムを短縮し、労働者不足のリスクを低減し、製造メーカーにとって受注処理と顧客満足のために競争優位性を提供します。製造リードタイムを短縮することで、製造メーカーはまた仕掛かり品在庫も減らすことができます。

パッシブ冷却部品とモジュール工場での蒸気チャンバー(VC)の生産ラインでは、銅柱の配置、真空引きとシーリング、Q-min試験など重要なプロセスを自動化しました。自動化によって、2009年の製造ライン立ち上げ時の月間16万ユニット以下から、2016年には月間50万ユニットまで徐々に生産能力が拡大しました。高い熱流熱源への直接接触、重力耐性、熱性能の向上といった利点を持つVCはさまざまな用途に現在幅広く採用されており、Cooler Masterは業界で最高の信頼性と柔軟性を誇ると認識されています。

MES追跡と監視システム

Cooler Master自己開発製造実行システム(MES)。実装と進捗は上記に示しています。生産工程のすべての重要なリスク要因を監視し、記録することで、異常が発生したときの根本原因を分析し、起こり得る品質問題をさらに防止することができます。Cooler Masterは分析データを蓄積し、これは顧客にとって役立つ当社のノウハウとなります。

スマートな製造

製造は当社事業の中心です。顧客中心の企業文化と継続的な改善の考え方のおかげで、当社は基礎に焦点を当てています。現在および未来の生産を最適化するために、今何ができますか?権限を与える環境、技術的知識、インテリジェントな監視と制御システム、リトルボスインセンティブプログラムを構築することで、全従業員が自分の生産性を認識し、毎日の業務を遂行し、改善する動機付けを行います。当社は企業のコミットメントとして、実行がビジョンを定義し、優秀さに限界はないと考えています。最終的には、成功は当社の顧客の成功で測定されます

3年間のインダストリー4.0プログラムと目標