デュアル直径ヒートパイプ

ヒートパイプアプリケーション用のテール拡張ヒートパイプのアイディアに関連します。

エバポレーター領域において、拡張された直径設計は、ヒートパイプ内部の金属粉体を焼結したウィック構造を有する導電領域に有利であり、相変化する蒸気によってより多くのエネルギーが運ばれます。

以下は性能比較グラフです。

6-8mmデュアル直径拡張ヒートパイプは、8mm直径のヒートパイプと近い性能を示しています。その利点は価格、性能、曲げスペース機能にも表れており、あらゆるフォームファクターに適合します。