クラウドデータセンター分野でのCOOLER MASTER

サーバーシステムの電源は増える傾向にあり、データセンターおよびハイパフォーマンスコンピューター(HPC)において熱管理は特に重要な課題です。人工知能(AI)とハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)が広く利用されるようになり、ラックサーバーは通常50メガワット以上の電力を消費し、これはより多くの熱に替わります。データセンターの熱管理に関する主な考慮事項には冷却能力、アップグレード容量、効率、節水、熱の制御、システム性能の信頼性があります。IT管理者とデータセンター運営者はデータセンターの整備と維持に関わる運用コストと資本コストの合計を含む総所有コスト(TCO)を評価し、データセンターの総消費電力の50%をデータセンターの冷却システムの運用に利用することを決定し、備えています。

電源使用効率(PUE)は、データセンターの効率を測定するための重要な要素であり、データセンターのエネルギー消費効率の割合です。現在でも空冷サーバー設計が主流ですが、Cooler Master効率的な冷却能力を提供し、漏れのリスクと総カーボンフットプリントを最小化する新しい技術の発展と高度な冷却材によって、今後数年以内に水冷ソリューションが大きく成長すると考えています。平均的な空冷データセンターと比較して、水冷式ではPUEが1.1以下を達成しており、実際のケースでは1.02となった事例もありました。

Cooler Masterは既存のデータセンターの改修、過酷な環境での新しい建設など、さまざまなシナリオでお客様の要求に応えるために、空冷、水冷、ハイブリッド冷却のソリューションを提供しています。空冷ソリューションについては、当社は1U、1.5U、2U、タワーのPurleyプラットフォームサーバー用の準標準パーツを提供し、エアフロー、スペース、レイアウト/配線の制限に対応しています。フィンとベースを柔軟に組み合わせて、さまざまな設計オプションを実装することで、お客様は市場投入までの時間を短縮できます。

COOLER MASTERのデータセンター向け標準熱ソリューション

Cooler Masterは高効率と省エネで優れた性能の水冷テクノロジーの登場を予想してはいましたが、冷却液の漏れリスクがありました。これを受けて、2010年、Cooler Masterはポンプ、冷却板、リザーバー、クイックコネクターなど水冷システムの重要部品の開発を開始し、品質を確保するために社内で生産することを決定。当社は2015年に完全な水冷製品生産ラインを立ち上げ、クローズドループ(トレイレベル)とオープンループ(ラックレベル)の両方で、幅広いソリューションを提供しています。Cooler Masterは空冷と水冷の両方の専門知識と経験を具え、トップレベルの顧客に対し、代替としてハイブリッド冷却ソリューションをカスタマイズしました。

COOLER MASTERの水冷製品のマイルストーン

データセンターが電力密度を継続的に増加させるにつれ、顧客は水冷ソリューションに対して莫大な投資と大胆な移行策を実施することになる、とCooler Masterは予想しています。市場の要求は多様化しており、Cooler Masterはあらゆる種類の冷却ソリューションに対して当社が持つ総合的な経験と能力を活用し、お客様に最適なソリューションを積極的に提案いたします。