充電ステーション

世界的な電気自動車市場の大幅な成長に伴い、適切な充電施設を設定することも、重要な課題の1つとなっています。この世界的な需要の高まりに応えるために、地方自治体、電力事業者、機器供給業者は積極的に協力して、設置計画を進めています。

現在、充電ステーションは、10kW(低速充電)以下をサポートする通常充電パイルと、720KW以上(急速充電)をサポートする急速充電パイルに分かれています。急速充電パイルは、各急速充電パイルがサポートする充電ガンの数によって、集中型および分散型の2種類があります。

性能は向上していますが、電力密度が増えると、熱とメンテナンスの問題が重要になってきます。Cooler Masterは、30kW、60kW、90kW、120kW、150kW~180kWの分散型急速充電パイルのための一連のサーモサイフォンからなる熱交換器を提供し、必要に応じて水冷のサブシステムで補うことで、低コストかつ高性能という厳しい要件に適合します。

240kW、300kW、360kW、450kW、600kW~720kWの集中型急速充電パイルでは、CMCは最先端の投資、節電、簡単メンテナンスを考慮した、冷却プレートを追加した熱交換器を含む水冷サブシステムソリューションを提案しています。

充電ステーションの電源モジュールをアップグレードを希望しているものの、キャビネットのコストや従来の接続性を懸念しているお客様のために、Cooler Masterは、ヒートパイプモジュールまたは水冷モジュールも提供しており、場所を取り、重く、効率の低い、従来のアルミ押出材に取って代わります。Cooler Masterはいつもここに。当社はお客様のいかなる要求にも真摯にお応えいたします。