車載 ヘッドライト

新技術によって、アダプティブフロントライティングシステム(AFS)、超高解像度LEDヘッドライト、レーザーライトなどの一連のヘッドライトの革新が現実のものとなり、広く実装されています。自動車メーカーは性能向上、セキュリティの向上、クラシックなデザインを追求しており、熱管理は大きな課題となっています。ヘッドライトの熱設計は主に、自動車エレクトロニクスシステムによる温度の監視および管理に関するものです。現在、自動車メーカーは周囲温度を80~85℃以下および熱源温度を105℃以下にすることを求めています。

Cooler Masterは、厳格な要求と高まる需要に応える水冷サブシステムを提供します。水冷サブシステムは通常はラジエーター、配管、ポンプ、冷却板などから構成されています。このような過酷な環境に対応するため、Cooler Masterは自動車グレードの原材料を厳選し、シミュレーション、設計、組み立て、試験で自動車基準に準拠しています。制御システムについては、まずリアルタイムの液量レベルを達成し、液量が下限に達すると警告シグナルを送信することができます。さらに、内蔵センサーが温度を監視し、冷却システムの動作レベルを制御してシステム温度に適応させ、システムプロセッサーと同期します。