ADAS (先進のドライバー支援システム)

ADAS

先進のドライバー支援システム(ADAS)の中核である先進のシステムオンチップ(SoC)集積回路(ICs)は、車両(in-vehicle)のさまざまなセンサー、他の車両(vehicle-to-vehicle)、輸送インフラストラクチャー(vehicle-to-infrastructure)からの出力を受信します。センサーデータは、超音波、カメラ、レーダー(radio detection and ranging)、LIDAR(光検出と測距)、GPS、IR(赤外線)などの技術から取得できます。標識、人間、動物、他の車両、ガードレールなどすべての照明条件下で移動中の車両の周りにあるすべての固定および移動物体を検出、分析、認識することが必須となります。

単刀直入に言って、半導体の歴史において、車載ADASアプリケーション以上に消費者の安全性に大きな影響を与えるものはないでしょう。デバイスの故障は、おそらく破滅的な結果をもたらすことになります。このような背景から、すべてのSoCとSoCに組み込むIP(知的財産)は、完全性と信頼性を重視した設計でなければなりません。これには機能性と性能以外にも、熱、エレクトロマイグレーション(EM)、静電放電(ESD)、電磁干渉(EMI)に対する電源の完全性と信頼性が含まれます。すべてが自動車の安全性にとって必要不可欠な要素です。

Cooler MasterはADASとインフォテイメントシステム用の統合水冷ソリューションを提供します。冷却プレートの両側に複数の脚が付けた、コンパクトで頑丈な車載コンピューターを製作します。

Automotive solutions

水冷ソリューション以外にも、Cooler MasterはADAS用の2層フローソリューションも提供しています。すべてのソリューションはHALTに合格し、幅広い自転車の温度範囲に対応しています。