>>再生可能エネルギー
再生可能エネルギー 2018-08-02T17:44:34+00:00

再生可能エネルギー分野でのCOOLER MASTER

再生可能エネルギーが世界中で徐々に主流エネルギー源として確立されつつあります。技術のコスト競争力の改善、政策の主導、エネルギー安全保障と環境問題といったいくつかの重要な要因により、特に中国やインドなどの新興国・途上国で、急速に代替エネルギーの需要が増加しています。

太陽光発電と風力タービンはここ数年、非常に活発な市場です。(施設内の主な熱源である)IGBTと電源モジュール技術の進歩は、単一のモジュールでより多くの電力を分離するといったブレークスルーが継続的に起こっています。コンパクト性、全体的な効率、総コストの改善をはかりつつも、熱管理はより重要な要素となります。非住居用太陽光発電では、設備あたりの規模が拡大し、コストの懸念もあることから、業界では空間に制限のある複数の600-1700V IGBTからのさらに多くの熱放散を管理できる新しい種類の冷却ソリューションの登場が渇望されているのです。

COOLER MASTERが進化を実現

Cooler Masterは再生可能エネルギー業界に参入し、中国およびヨーロッパのティア1顧客との戦略的協業を通じた製品ラインナップを作成しています。業界が新しいソリューションを採用するのに時間がかかるため、当社はまた、お客様の差し迫ったニーズに先んじて新しい技術開発にも取り組んでいます。当社は太陽光発電と風力タービンでそれぞれ専用の製品があります。

太陽光インバーター

kWサイズの住宅用システムからMWサイズの発電所まで、太陽光発電システムの熱管理の問題はインバーターシステムで発生します。住宅用から中規模商用PVシステムではストリングインバーターが使用されています。大規模商用および電力会社規模の施設ではセントラルインバーターが一般的です。

インバーターの環境温度を効果的に制御するために、冷却モジュールと内部のサブシステムは、厳しい環境下で少ないメンテナンスで耐久性を確保する必要があります。Cooler Masterは相転移とサーマルサイフォン技術を使用して、さまざまな種類の熱交換器を提供し、防塵・防水機能と高性能を達成しています。

より高い電力密度を管理し、電源モジュールの温度を一定に保つために、Cooler MasterはIGBTを冷却板またはヒートパイプモジュールに取り付けるためのアクティブ水冷システムを提供しています。重要な要因の1つが、重要部品を冷却するための非導電性、非腐食性液体または冷却材の選択です。住宅用には、性能と総コストの最適なトレードオフのためのヒートパイプまたは蒸気チャンバー内蔵のダイキャストフレームを提供しています。

COOLER MASTERが進化を実現

現在、風力タービン産業の主流は、広々とした風の強い土地または沖合に建設された発電所規模のものであり、各タービンは1.0~1.5MW発電可能です。個人宅または企業が100kWクラスの発電を行うための比較的小型の風力タービンもあります。

Cooler Masterは小型風力タービン用の熱交換器の空冷ソリューションを提供します。発電所規模用には、水冷システムに組み込まれたハイブリッドクーラーを提供し、サイズ、重量、冷却能力の間で最大のバランスを取り、適切に熱負荷を分散することで、追加の熱負荷を取り除きます。